メールでEvernoteの新規ノートを作成!URLスキームを使えばさらに便利に!

1f897993ff5330df4228177d918bf67b.JPG


   

Evernoteに新規のノートを書く。

一言で言ってもその方法は様々です。

純正Evernoteを開いて追加するもよし、サードパーテイ製アプリでするもよし。

ウェブページから直接ノートを追加することもできます。

そして、メールからノートを作成することもできます!

SPONSERD LINK

メールからEvernoteに新規ノートを作る方法

難しい設定はいりません。

やることはEvernote専用のメールアドレスの確認と、それを連絡先に登録するだけです。

アドレスを確認する

まずはアドレスですが、これは簡単に確認できます。

iPhoneの場合だと「Evernoteから設定>全般>Evernote転送用メールアドレス」と進めばメールアドレスが表示されます。

後はこれをコピー&ペーストしておき、連絡帳に登録します。

Evernote 転送用メールアドレス

使いかた

特に難しいことはありません。

いつものようにメールを作成すればいいだけです。

ちなみに、件名がタイトル、本文はノートの中身となります。

後はこのアドレスにメールを送信すればデフォルトのノートブックにメールで書いた内容が新規ノートとして作成されます。

URLスキームを用いた応用

応用としてLauncherアプリ「seeq+」とURLスキームを併用すればさらに便利に使うことが出来るようになります。

seeqはストアから削除されてしまったため、後継の「Eureca」を使っています。

Eureca – クイック検索アプリ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

使い方

seeqであらかじめ文章を入力しておき

Seeq evernotr

「Evernote転送」アイコンをタップ。

Seeq evernotr

すると、メールが立ち上がり、さきほど書いた文章が件名と本文に自動で入力されます。

後は送信ボタンを押せばEvernoteに新規ノートが追加されます。

Seeq evernote メール

送信用URLスキームの作り方

作り方はとても簡単。

まず下記のURLスキームをコピーしておき、seeqを起動。

mailto:Evernote転送用のメールアドレス?subject=_Q_&body=_Q_

編集画面からコピーしたURLスキームをペースト。

次にスキームの中身を少し改良。

「Evernote転送用のメールアドレス」の部分に自分の転送メールアドレスを入力。

これで完成です。

機能としてはFastEverとほぼ同じ要領で使う事ができます。

件名と本文が同時に入力されるのはとても便利です。

ただし、タグの追加・編集は出来ないようになっているので注意が必要です。