食べ物を美味しく撮れるアプリ「Foodie」で人も美味しく撮影できるのか試してみた

IIMG_6183-2.jpg


   

こんにちは。こばやん(@kobayan_ys)です。

いつもTwitterで良くしてただいているニシマツさん(@output_log)が「Foodie」という料理に特化した写真アプリを紹介されていました。

「いつもの料理が3倍美味しくなる」ということで実際に自分で試してみると確かに美味しそうに!

何も考えずに撮影した写真も「Foodie」を使えばあら不思議。 我が家のただの焼き鳥が、ものすごくおいしそうな焼き鳥に大変身!

IIMG 3654

ただ、乱暴な言い方をすれば「食べ物の撮影に特化したアプリ」なら食べ物が綺麗に撮れるのは当たり前なわけです。

むしろこのアプリで、人を撮影したらどうなるのか?ちょっと気になりません?
人も美味しく撮影できるのか? 当然美味しくなるはず! ということで検証してみました!

SPONSERD LINK

撮影サンプル

IIMG 6118

はい、私がこばやん(@kobayan_ys)です。
仕事終わりで疲れきった顔。そしてうっすらと見える髭。

見るからに不味そうなこの顔をどこまで美味しくできるのか!?

Foodieには全部で26種類のフィルターがありますが、さすがに全部を試すことができないので、私が個人的に選んだ3種類のフィルターを使用します。

デリシャス

IIMG 6125

これが「デリシャス」のフィルター効果を1回使用した場合。

通称1デリシャス。 全体的に色味が柔らかくなり、確かに少し美味しそうな雰囲気になりました。 確かに何もしないよりは美味しそう! ならばもっとフィルターを重ねたらどうなるのか? 試してみました!

IIMG 6128

5デリシャス。 デリシャスを5回使用した場合です。
若干オレンジが強くなりましたが、先ほどよりもさらに美味しそうにできました。

IIMG 6143

ズン

これが、20デリシャス。 オレンジ色がものすごく主張してますが、この色が柑橘系の果物を連想させるため美味しそうです。

もう一度言います。 美味しそうです!

バー

IIMG 6184

デリシャスが思いのほかうまく行ったので次は「バー」。
バーって暗い雰囲気なので写真も影が強調されますね。 しかし美味しさはむしろマイナス。

IIMG 6185

次は5バー。 バーを5回かけてみました。 逆にコーヒーっぽくて美味しそうさが増してきました。

IIMG 6193

ドン

来ました20バー。 どうです?チョコレートっぽくてなって美味しそうになったんじゃないですか?

はい、こちらも美味しそうです!

フルーティー

IIMG 6165

最後はフルーティー。 1フルーティーはかなりいい感じ。
ピーチっぽくて1回かけたフィルターの中では一番美味しそう。 なんだかこれまでの中で一番しっくり。

IIMG 6166

その勢いのまま、5フルーティー。 ちょっと行き過ぎたピーチな気もするけど全然いける! 美味しそう!

IIMG 6169

10フルーティー。 一気にパイナップル感が増します。 そしてどこからかやってきた水色。

IIMG 6183

ぎゃー

20フルーティー。
美味しいを通り越して一気にホラー。 美味しさどこ行った。

今回の結論。

…とまぁこんな感じです。

今回の検証で、「Foodie」を使えば人もある程度美味しく撮影できるってことがわかりましたね!

ただし、かけ過ぎは厳禁! 実際に食べ物を撮影する場合は1回で十分美味しそうに撮影できますよ。

おまけ

IIMG 6232

すべてのフィルターを1回ずつ重ねたら、亡き者にされました。 終わり

Foodie(フーディー) – 食べ物の撮影に特化したカメラアプリ App カテゴリ: 写真/ビデオ 価格: 無料