iPhoneからiCloud Driveに写真をアップロードする方法

be1e8b5b0a4e0b80bf98bfcfe114966f.png


   
Documents 5  高速 PDF リーダー ダウンロードマネージャ

iPhoneとMacでは無線でデータのやり取りができるやり方に「Air Drop」があります。
特に数枚の写真をiPhoneからMacに送る時に重宝しており、ブログを作る際にも重宝しております。
しかしこのAir Dropが最近どうも不安定で肝心な時にうまく繋がらず…

仕方なくLightningケーブルでつないで写真を転送しておりましたが、無線に慣れてしまった自分は線を繋ぐのが非常に面倒な体になってしまっています。

そこで思いついたのがアップル製品で使えるクラウドストレージ、「iCloud Drive」を利用してみる方法。
iCloud Driveにアップロードすれば無線でデータの転送ができます。

SPONSERD LINK

写真アプリからアップロードできない!?

実は最近のiPhoneでもiCloud Driveが利用できるようになっています。

で、iPhoneから写真をiCloud Driveにアップロードにしようととしたところで気がつきました。

アクションバーのどこを探してもアップロードするためのボタンがないことに。

IMG 1639

「iCloudフォトライブラリ」機能を使えう手もありますが、こちらは撮った写真がすべてアップされ容量が絶対に足らなくなるので却下。

Documents 5を使うという方法

このように「写真アプリ」から写真を個別に「iCloud Drive」へアップロードすることができません。
しかし、「Documents 5」を使えば簡単にアップロードできるようになるのです。

Documents 5 – 高速 PDF リーダー、ダウンロードマネージャ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

Documents 5を使ってiCloud Driveに写真をアップロードする方法

Documents 5を開くといくつかファイルが現れるのでその中から「写真」を選びます。

IMG 1632

写真のアルバム一覧が表示されるので任意のフォルダを選びましょう。

IMG 1625

フォルダを選ぶと中に保存されている画像が現れます。

IMG 1628

アップロードしたい写真が決まったら、右上の矢印をタップして「iCloud Driveへ書き出す」を選択します。

IMG 1630

保存場所の指定を促されます。
場所が決まったら「この場所に移動」を押します。
これでアップロードが開始されます。

IMG 1631

管理人のひとこと

これでさくさくっとiPhoneからもiCloud Driveに写真を送ることができました。
Air Dropを主に使っていましたが、選択肢が増えたことでより柔軟に使用できそうです。