Mac App Storeの購入済みアプリを非表示にする方法

7d6b431637c3f8c7107c7d7586611ae9.png


   

こんにちは。こばやん(@kobayan_ys)です。

実はMac App Storeの「購入済みアプリ」を非表示にする方法を最近知りました。
iPhoneアプリを非表示にする方法は前から知っていたのですが、Macの方でもできるとはねぇ〜。

iPhoneの方では気になったアプリを片っ端からダウンロードしまくっているので、「購入済みの項目」がめちゃくちゃになるため、使わないアプリは極力非表示にしています。

しかしMacの方はと言うと、そこまでStoreからダウンロードしていないと言うこともありまして、あまり気にしていなかったと言うのが本音。

しかし、最近になってその乱れ具合が気になりだして来たため非表示にしてみることに。

SPONSERD LINK

非表示にする方法。

スクリーンショット 2016 03 18 22 51 36

やり方は非常に簡単でして、非表示にしたいアプリの項目上で左クリック(Control + タップ)するだけ。
「購入アイテムを隠す」と出てくるのでこれに従うだけです。

画像では「MarsEdit」を消そうとしていますが、消す真似をしてるだけですw
MarsEditはブログを書くのに使用しているのでなくてはならない必須アプリ。
あとちょっとしたMarsEdit自慢ですw

だって高かったんだもん。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥4,800

非表示にしたアイテムを戻す方法

基本的には非表示にしたアプリはそのまま。
なので必要ないかもしれませんが、一応非表示にしたアプリの場所、復活方法も紹介しておきます。

通常のApp Storeの場合はiTunesから確認、再表示が可能なのですが、
Mac App StoreのアプリはiTunesに行っても確認することができません。

スクリーンショット 2016 03 18 22 15 16

で、iTunesを彷徨うこと数回。
散々右往左往した後、「Mac App Store内」にてついに発見いたしました。

Mac App Storeのアプリからメニューの「Store」を開くと、「マイアカウント」を選択すると出てくる欄の中に、

スクリーンショット 2016 03 18 22 08 11

「アイテムを非表示」の文字が!
後は「管理」を押せばオーケー。

スクリーンショット 2016 03 18 22 08 35

ここから非表示にしたアプリの確認、再表示を行うことができます。

管理人の一言

kobayan
購入済みアプリの項目は定期的に見直してスッキリしておきましょう。また、使わずに眠っていたアプリを探すいい機会にもなりますよ。